チャクラ

チャクラとは


 「チャクラ」とはサンスクリット語で「光の輪」を意味します。

 

光の輪というくらいなので、身体の正面からチャクラをみてみると輪のように見え、回転しているということからその名前がついたと言われています。

 

人体にあるチャクラの数は大小合わせると100を超えるといわれています。

 

大きくメインのチャクラは身体の中心線上に主要なチャクラが7つあります。

それぞれのチャクラには個性というか意味があり、それらの特徴を足元のチャクラ(1チャクラ)から書き出しました。

 



1チャクラ

色:赤

周波数:7.8Hz

肉体:足、尾てい骨、生殖腺、肉体全体

テーマ:グラウンディング、生きる力、自立

発達段階:受肉、誕生

 

 

2チャクラ

色:オレンジ

周波数:15.6Hz

肉体:リンパ、免疫系、大腸、

テーマ:自己感情、Noといえる

発達段階:幼児期

 

 

3チャクラ

色:黄色

周波数:22.4Hz

肉体:胃、肝臓、胆のう、すい臓、腎臓、副腎

テーマ:知性、左脳、自我の機能、社会性

発達段階:幼年期

 

4チャクラ

色:緑

周波数:30.2Hz

肉体:心臓、循環器系、ハイ、横隔膜、胸、胸腺

テーマ:ハート、愛、他者との交流

発達段階:思春期

 

5チャクラ

 

色:青

周波数:38.0Hz

肉体:喉、甲状腺、結合組織

テーマ:真実を語る、高い意志、テンプレート

発達段階:成人期

 

6チャクラ

色:紫

周波数:46.8Hz

肉体:頭、目、松果体

テーマ:ヴィジョン、智恵、洞察

発達段階:老年期

 

7チャクラ

色:白

周波数:54.6Hz

肉体:皮膚、下垂体

テーマ:すべての統合、


【関連するブログ記事】

チャクラはエネルギーの臓器

チャクラの仕組みはどのようになっているのか、普段の活動に例えて説明しています。

チャクラと身体の関係

チャクラはその周波数や部位により特定の身体の器官と関係があります。

 

チャクラのヒーリングについて

チャクラに直接するヒーリングのお話。どのような影響があるのかも少し触れています。