フラワーエッセンス

フラワーエッセンスの選び方
フラワーエッセンスを自分で選ぶとき、どんな風に選ぶのか。 どんな風に選んでもいいなぁと思うのですが、こんな風に選んでみるのはどうだろう?の提案。

ココハナ交流会(Zoom)を終えて
ココハナフラワーエッセンスプロジェクト終了しました。 そしてココハナ交流会(Zoom)も終了。 1つのプロジェクトが終了。 次の花芽も見えてきました。

こまっている子どもたちへ フラワーエッセンスが助けになるよ
こまっている子どもたちへフラワーエッセンスを届けたい。子供が困っているとき、手助けしたいけれど直接何かをすることができないとき。子供自身が向き合わなければならないとき。 そんなとき、フラワーエッセンスがそばにあると助けになります。 お守りのようにつかっているお子さんもいれば、困っているときに自分からエッセンスを使って立ち直っていった子も。 学校に行くのにお腹が痛くなっちゃう子も、フラワーエッセンスを自分で選んで飲むことで、折り合いをつけていっていました。 そのような子どもたちの姿をみて、まだまだフラワーエッセンスを必要としている子どもたちがいるのだと思うのです。 困っている子どもがいたらこのブログの後半を読ませてあげてください。本人にのんでみたいなーという気持ちがあれば、飲んでみてください。 Zoomでお話お伺いしてフラワーエッセンスを選んでおおくりします。 これはフラワーエッセンス療法での卒業プロジェクトですので、無料となります。

Individual! / Julian Barnard ジュリアンバーナードさんのセミナー
ニールズヤードレメディーズ主催のジュリアン・バーナードさんのセミナーに参加して感じたこと、確認できたことを書きました。

こころに花を手渡すプロジェクト はじめてます。 この活動が一人でも多くのフラワーエッセンを必要とする方に届くように。またこのチャレンジな時期に健康で穏やかに、自分らしく生活していくこと。その一助になるようにフラワーエッセンス療法の会ではフラワーエッセンスのフォーミュラを作りました。

夢の話が続いています。夢の記録していると、長いものがたりになっていたりいくつもの話をみてみたり。楽しいです。今日は夢の解釈について。

昨日の読書会で話の合ったパインのエッセンス。私と松の今朝の話。植物との出会いが日々を支えてくれます。

フラワーエッセンスを届けていきたいと思い、「フラワーエッセンス療法の会」で「こころに花を手渡すネットワーク・プロジェクト」を始めようと思います。そのお知らせです。

プラクティショナーといっしょにフラワーエッセンスを選んでいく。ということと、無料相談について。

どうしてフラワーエッセンスプラクティショナーと一緒にエッセンスをえらぶことが、よいのかな?

さらに表示する

 

【NEWS お知らせ】

 

・オンライン個人セッション受け付けております。お問い合わせフォームからお申込みください。

 

・フラワーエッセンス療法の会で

 行っている読書会があります。

 どなたでも参加できます。

 

・LINE@始めました

 

友だち追加

Healing horus @bqb4513t

 


<Blog>

コロナの終息が見えないので その間に自分をみつめよう

Photo by Arno Smit on Unsplash
続きを読む

やなぎの観察 2021/04/26

Photo by Arno Smit on Unsplash
続きを読む

自尊心が低いと自分を癒すの続き

Photo by Arno Smit on Unsplash
続きを読む

●香川県高松市木太町「インナーガーデンティアラ」さんでのセッションを再開いたします。詳しくはお問い合わせください。をご覧ください。こちらでは、アロマセラピーやフラワーエッセンス療法と組み合わせたメニューもあります。

 


Facebook page

特別セッションのお知らせなどもTwitterと合わせて告知しています。


 

RESERVA予約システムから予約する

 

 こちらからもどうぞ。


Healing-horus(ヒーリングホルス)はいかなる宗教団体とも関係はありません。