プロフィール


AFETの講座にて 植物観察
AFETの講座にて

Canada St.Lawrence CollegeにてChild and Youth Worker科卒業  帰国後、某アパレルメーカーにて貿易業務に携わる。現在一児(7歳)の母。

 

2000年  王 由衣氏主宰のライフスクール:School of Healing Arts and Sciences(SHAS)へ。

2004年 SHAS専門課程ハンズオン・ヒーリング科、同フラワーエッセンス療法科入学

2007年 同専門課程関係性ヒーリング科入学

2008年 統合ヒーリング科 インターン生進級

2009年 関係性ヒーリング科ディプロマコース取得

 

AFET(Associations for Flower Essence Therapy) スタッフ

 

 

小さな頃から自然や生き物、アストラルや目に見えないエネルギーの世界に興味と喜びを感じる。

 カナダ留学中、子供専門精神病院、地域のデイセンター、小学校にて手助けの必要な子供や

大人たちへの現場実習を重ねた経験を持つ。

20代後半での離婚等の経験を通して自分の生き方、産まれてきたことについて深い疑問と苦しさを感じる。

王由衣氏の「うまれてきたことには意味がある」という言葉に深く動かされライフスクール:School of Healing Arts and Sciences(SHAS)の門をたたく。

SHASの学びの中で、自分の感じていた「目に見えないけれど本当に存在している」エネルギーの世界と現実の世界とのかかわりをさらに深めていくことを続けている。

 

 

 

 好きなものいろいろ:アルケミーやスピリチュアリズム、海外ドラマも好き。ケイシー療法(時々)実践中。

 

もう少し詳しい プロフィールはこちら。

 

 

Twitter : osakohorus

 


アフリカタンザニアで実際に出会った象
アフリカのタンザニアで出会った象

healing  horusについて

horusは、恐れ多くもエジプトの神さまホルス神から名前をお借りしました。

ちょうどSHASのヒーリング・トレーニングへ入学した頃、沖縄リトリートにて

トランスメディテーションがおこなわれたときに経験したことと、深く関係しています。

そしてこのメディテーションでの経験が、実際にアフリカへの旅に導いてくれました。

 

メディテーションでの経験は目に見えない。けれどそこでの経験を目に見える世界へつなげる。

目に見えないけれどそこにある。エネルギーヒーリングではまさに目に見えないことを扱って

います。しかしそれはそこにあり、誰にでも感じることができます。

そして目に見えている世界と同じように現実であり、重要です。エネルギーヒーリングを

通して、その世界の大切さ忘れないように、そしてhorusにあらわされる象徴の力も忘れる

ことなく心にとめるようこの名前をつけました。

  


 

【NEWS お知らせ】

 

・オンライン個人セッション受け付けております。お問い合わせフォームからお申込みください。

 

・フラワーエッセンス療法の会で

 行っている読書会があります。

 どなたでも参加できます。

 次回は5月28日です。

 

・LINE@始めました

 お得なクーポンなどもご用意

 させていただきましたので、

 ぜひご登録ください。

友だち追加

Healing horus @bqb4513t

 


<Blog>

こころに花を手渡すプロジェクト はじめてます

続きを読む

夢とのつきあいかた

のいばら
のいばら
続きを読む

日々の自分との向き合い方 夢との関わり 追加〜

チェスナットとオナガ
チェスナットとオナガ
続きを読む

●香川県高松市木太町「インナーガーデンティアラ」さんでのセッションを再開いたします。詳しくはお問い合わせください。をご覧ください。こちらでは、アロマセラピーやフラワーエッセンス療法と組み合わせたメニューもあります。

 


Facebook page

特別セッションのお知らせなどもTwitterと合わせて告知しています。


 

RESERVA予約システムから予約する

 

 こちらからもどうぞ。


Healing-horus(ヒーリングホルス)はいかなる宗教団体とも関係はありません。