クラスにでていて「わかる」とき、思うこと

私はSHASというところで色々と勉強をさせてもらっています。

2000年くらいから通っていて、ぼちぼち10年をこえたところ。

 

昨日もクリニックとクラスがあった。

 

話を聞いていて「あーなんかわかるかも」ということがある。

 

解剖のクラスなどのときは、体感で「わかる」という感じ。

体の感覚でわかる。

頭で「わかる」ときもある。論理的に理解した、というとき。

 

昨夜の話は「あーなるほど」と思うのが解剖のときの

「わかる」とは微妙に違う。

ハートの奥のほうに届くような、細胞1つ1つに届くような

そういった独特の感覚。

言葉で表すのは、今の私にはまだまだできない感覚。

 

そして河合隼雄先生の言葉を思い出す。

 

そしてそれを仮に「たましい」と置き換えてみると、、、

 

 

 

たましい

 

 

 

「たましい」で感じ、わかるよう。

「わかる」という完了している形でなく

「わかっている」いや「思い出している」という

感覚に近いかもしれない。

 

そして、まだまだ学びを続けたいと思う。

今日のクリニックもがんばろう。

 

 

なんだか河合隼雄先生の本を読み返したくなってきた。

 

 

 

 

 

 

【NEWS お知らせ】

 

・オンライン個人セッション受け付けております。お問い合わせフォームからお申込みください。

 

・フラワーエッセンス療法の会で

 行っている読書会があります。

 どなたでも参加できます。

 

・LINE@始めました

 

友だち追加

Healing horus @bqb4513t

 


<Blog>

小冊子「子どもを助けるフラワーエッセス」読書会のお知らせ

続きを読む

感情の話 傷の話2

続きを読む

傷の話

続きを読む

●香川県高松市木太町「インナーガーデンティアラ」さんでのセッションを再開いたします。詳しくはお問い合わせください。をご覧ください。こちらでは、アロマセラピーやフラワーエッセンス療法と組み合わせたメニューもあります。

 


Facebook page

特別セッションのお知らせなどもTwitterと合わせて告知しています。


 

RESERVA予約システムから予約する

 

 こちらからもどうぞ。


Healing-horus(ヒーリングホルス)はいかなる宗教団体とも関係はありません。