フラワーエッセンスの世界観

先日、京都efishさんでの「フラワーエッセンスのこと」学ぶ会第2回が

無事におわりました。

 

いつも、何を話そうか仲間とあーでもないこうでもないと

話をたくさんして、それぞれがそれぞれの言葉でお話します。

 

今回は、みんなと話していてどうしても伝えたいことに

フラワーエッセンスでのとらえ方(世界観)をつたえたいと思いました。

 

フラワーエッセンスは、

 

ネガティブだと感じている自分の側面(性質)を

そこにつながっているポジティブな性質へと導いてくれる

 

ということ。

 

フラワーエッセンスレパートリー*には

「調和時の性質」「調和が乱れたときのパターン」

とあります。

 

たとえば、マスタードだったら

 

・調和が乱れたときのパターンは

「憂鬱、沈んだ気分、絶望。理由のわからない漠然とした

落ち込みの気分。」

 

・調和時の性質は

「感情の均衡。人生に喜びをみつけることができる。」

 

とあります。

 

それは、落ち込んだ気分、絶望を感じている自分が

感情の均衡や人生に喜びを見つけることができる、ということ。

まったく反対の状態が、つながっています。

 

普通なら自分のネガティブな部分をとりさり、なくしたい。

 

しかし、フラワーエッセンスでの考え方は違います。

 

自分のネガティブな部分(暗かったり、落ち込んだり、怖がったり

競争心がつよかったり、手放したいものをを手放せない自分だったり)

に、気がつき自分の内面に取り組んでいく。

 

その時にフラワーエッセンスを飲んでいると

とても自然に、やさしく、スムースにポジティブへの道のりを

歩むのを助けてくれる。

 

暗闇から光へとやさしくみちびいてくれるのです。

 

暗闇を光へと変容するのを助けてくれる。

 

この光は、外側にある光ではなく自分の内側にある光。

 

 

それは本当に薬やホメオパシーとは全く違う世界観なのです。

 

 

 

 

 

 

*フラワーエッセンスレパートリー

  パトリシア・カミンスキ/リチャードキャッツ

  王 由衣 訳

 

 

 

【NEWS お知らせ】

 

・オンライン個人セッション受け付けております。お問い合わせフォームからお申込みください。

 

・フラワーエッセンス療法の会で

 行っている読書会があります。

 どなたでも参加できます。

 

・LINE@始めました

 

友だち追加

Healing horus @bqb4513t

 


<Blog>

検閲官を描いてみる

フォトビーFelten-Leidel上Unsplash
フォトビーFelten-Leidel上Unsplash
続きを読む 0 コメント

子どもを助けるフラワーエッセンス 小冊子の紹介

Photo by Arno Smit on Unsplash
続きを読む 0 コメント

病を手放す助け

Photo by Arno Smit on Unsplash
続きを読む 0 コメント

●香川県高松市木太町「インナーガーデンティアラ」さんでのセッションを再開いたします。詳しくはお問い合わせください。をご覧ください。こちらでは、アロマセラピーやフラワーエッセンス療法と組み合わせたメニューもあります。

 


Facebook page

特別セッションのお知らせなどもTwitterと合わせて告知しています。


 

RESERVA予約システムから予約する

 

 こちらからもどうぞ。


Healing-horus(ヒーリングホルス)はいかなる宗教団体とも関係はありません。