リズム スペース リズム

今朝は天気がよくて暖かいので、運動と体力作りのために

子どもと初めて幼稚園まで歩いて登園してみました。

いつもは自転車や車でさーっと走り去ってしまう公園。

 

いちいち遊具で遊びながら行くと、片道30分もあっという間。

いつも子どものリズムやペースを守ってあげられているかなーと反省しながら

帰ってきました。

 

* * *

 

都会で生活していると、随分とリズムが速くなっていると思います。

それは、自分の意志に関係なくせわしなく流れていて、いやおうなく

そのリズムに毎日巻き込まれています。

 

本来なら「自分自身の固有のリズム」というものがあって

ペースがあり、それぞれが自分のペースで成長し生活しています。

 

小さな子供たちをみていると、同じ月に生まれた子でもどんどん身長が

大きくなっている子もいるし、まだまだ小さな子どももいます。

そのペースはいつの頃からか失われて自分のリズムを失ってしまっている

大人が多くなっているのではないでしょうか。

ハンズオンヒーリングをさせていただいていると

からだの中に存在しているリズムをとてもよく感じることができます。

 

どなたでも心臓のリズムを感じることができますよね。

胸に手をあてて静かにしていると、心臓が力強く動いています。

 

同じように、血液、リンパ液、神経、内分泌腺なども独自のリズムを

もっていて、からだに手を置かせてもらうととてもよく感じられます。

 

時々、そのリズムが本来のリズムより早すぎかなーと感じられたり

遅すぎるなー、と感じられヒーリングでそのリズムの調整をします。

 

または、身体のさまざまな個所に点在している内分泌腺それぞれが

別々のリズムで働いているときには、それぞれのリズムを合わせていき

身体全体のリズムが整うようにヒーリングしていきます。

 

リズムがあうことによって、身体全体の調和がとれ本来の自分って

こんな感じだったんだ~と思えます。

 

オーケストラでばらばらだった楽器の音が一つになり

すばらしい曲になるような感じでしょうか。

 

リズムがバラバラの状態が長く続くと、身体にも不調が表れてきます。


ホルモンバランスが崩れて、生理や更年期などに悩まされているとき

神経のリズムが崩れて、眠れない、疲れが取れずなんだか調子が悪いときなどに

ハンズオンヒーリングでは全身のエネルギーの底上げをキレーションでおこなってから、

ホルモンバランスのために内分泌腺(下垂体、松果体、甲状腺、副甲状腺、副腎、膵臓、性腺)

や神経(交感神経、副交感神経、全身の細かな神経)へ直接エネルギーを送りヒーリングを行います。

 

 

自分のリズムを保っていれば、他からのプレッシャーにも負けず

自分らしさを失わずにいることの助けになります。

 

まずは、自分のリズムを知ること。

そのためのスペースや時間を作ること。

 

これから寒くなるけれど毎日「ものすごく!ゆっくりウォーキングする」

などは助けになると思います。


 

 

 

 

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。