チャクラはエネルギーの臓器

「チャクラはエネルギーの臓器」だなぁと最近特に思うのでそのあたりを

書き始めたいと思います。

(チャクラにはいろいろな意味合いや、象徴、エネルギー心理学的にみたときの

意味などいろいろありますが、それは追ってゆっくり書き進めたいと思います)

 

「チャクラ」とはサンスクリット語で「光の輪」を意味します。

 

光の輪というくらいなので、身体の正面からチャクラをみてみると

輪のように見え、回転しているということからその名前がついたのでは

ないかと思います。

 

人体にあるチャクラの数は大小合わせると100を超えると

いわれていますが、私は数えたことがないので「たくさんある!」と

認識しています。

 

大きくメインのチャクラは身体の中心線上に主要なチャクラが7つあります。

それぞれのチャクラには個性というか意味があり、そのあたりは次の時に

書きます。

 

今回はまず、この7つのチャクラを中心にお話しします。

 

なぜ、チャクラは臓器だと感じているかというと、、、。

 

チャクラは

周りにあるエネルギーを取り込み、変化変容させて

身体やオーラに影響を与えます。

 

たとえば、人は食事をします。

口から食物を取り入れて、消化吸収し栄養にします。

 


呼吸では、鼻や口から酸素取り込み肺に送り二酸化炭素を吐き出します。

チャクラは私たちの周りに存在するエネルギー(ユニバーサルエネルギーフィールド)

取り込み、オーラ(ヒューマンエネルギーフィールド)人体にエネルギーを送ります。

(取り入れることと出す事の両方があり、チャクラによって出し入れするとこ、出すところ、入れるところがあります)


たとえば、

 

  酸素 →  ユニバーサルエネルギーフィールド(宇宙にあるエネルギー)

  鼻、気管支、肺などの臓器 → チャクラ

 

と、考えてみるとわかりやすいかと思います(わかりにくかったらごめんなさい)

 

私たちの周りには、たくさんの酸素がありますが、鼻や気管支、肺などの

臓器がなければ体内に取り込み、私たちが必要とする形で利用することが

できません。

 

同じようにチャクラは回転することで、ユニバーサルエネルギーフィールドを取り込み

私たちに必要なエネルギーの形に変えて利用することができるようにしています。

 

これはもうまるで、鼻や気管支肺などにそっくりな「エネルギーの臓器」では

ないでしょうか。

 

このエネルギーの臓器、バランスが取れていて健康であれば

たっぷりとしたエネルギーを取り込むことが可能になります。

(逆にチャクラがうまく機能していないと上手にエネルギーを取り込むことができず、

その状態が長く続くと心身のバランスを崩す事になりかねません)

 

 

こうやって体内に入ってきたエネルギーは、チャクラで変化変容されたあと

人体のどの部分へとつながっていくのでしょうか。

 

つづく。

 


healing-horus.net

RESERVA予約システムから予約する

 

 

【NEWS お知らせ】

 

・オンライン個人セッション受け付けております。お問い合わせフォームからお申込みください。

 

・フラワーエッセンス療法の会で

 行っている読書会があります。

 どなたでも参加できます。

 

・LINE@始めました

 

友だち追加

Healing horus @bqb4513t

 


<Blog>

コロナの終息が見えないので その間に自分をみつめよう

Photo by Arno Smit on Unsplash
続きを読む

やなぎの観察 2021/04/26

Photo by Arno Smit on Unsplash
続きを読む

自尊心が低いと自分を癒すの続き

Photo by Arno Smit on Unsplash
続きを読む

●香川県高松市木太町「インナーガーデンティアラ」さんでのセッションを再開いたします。詳しくはお問い合わせください。をご覧ください。こちらでは、アロマセラピーやフラワーエッセンス療法と組み合わせたメニューもあります。

 


Facebook page

特別セッションのお知らせなどもTwitterと合わせて告知しています。


 

RESERVA予約システムから予約する

 

 こちらからもどうぞ。


Healing-horus(ヒーリングホルス)はいかなる宗教団体とも関係はありません。