どのくらいの間隔でエネルギーヒーリングを受けたほうがいいか

始めてエネルギーヒーリングを受ける時、

多くの方にご質問いただくのは

 

どれくらいの感覚でヒーリングを受けたらいいのか

 

になります。

 

それぞれの方で、少しずつ違いますが最初の3回くらいまでは

2週間に1回くらいで、とお話させていただいています。

 

 

それは、どうしてなのか?

 

 

エネルギーヒーリングを受けると、全身にエネルギーが流れます。

 

イメージは、いつも会社に通っている決まった道だけでなく

いつも通っていない道も一度に通る感じ。

 

いや、全然伝わりませんね(笑)

 

いつも自転車の例えをしています。

自転車に乗る練習をして、自転車に乗れるようになるのに

しばらく練習しながら日々を過ごしますよね。

そうするとだんだん自転車にのるけりだしの時や

足を地面から離すタイミング、乗った時のバランスのとり方など

身体で覚えていって、うまく乗れるようになります。

 

エネルギーヒーリングを受けるときも、同じです。

 

ヒーリングでは、今までと違うかたちで

全身(もちろん心、思考においても)にエネルギーが流れます。

 

まずは、それを受けとる。

 

そして、そのエネルギーを十分に取り入れて自分のおのとする。

食べ物を消化してそこから栄養を取り入れるように。

 

それから、そのエネルギーを使って前へ進んでいくために

使っていく。

 

最初にエネルギーがたっぷり入ると

今まで流れていなかったところにも、エネルギーが流れます。

 

通っていなかったところは、汚れや滞りがあることがあります。

 

新しいエネルギーはそれらを流し、きれいにしていきます。

 

それは、体だけではなく心や思考にも起こります。

 

 

心にエネルギーが流れれば、なにかの感情が沸き上がるかも

しれません。

 

思考にエネルギーが流れる必要があれば、古い思考の仕方から

新しい思考へとシフトするきっかけになります。

 

 

自分が持っていた考えや感情が

 

「もしかしたら、これは今は違うかも」

(古い感情かも、古い考え方、私の考え方ではないかもなど)

 

と気づくきっかけになります。

 

 

 

 

エネルギーをたっぷりと受け取り、流れがつかめてくるのに

だいたい3回ほどかかると思います。

 

2週間おきに3回。

 

それをおすすめしています。

 

そのあとは、それぞれの方のペースで3週間に1回

4週間に1回などでいいと思います。

 

新しい運動を始めるときのように、新しくなにかを学ぶときのように

ご自身が使える新しいエネルギーの流れを自分のものとしていくために。

 

そして3回ほど受けてみると、受けていないとき、

受けてからすぐの身体や心の感じと、時間がたってからの

身体や心の感覚の違いが分かってくると思います。

 

もちろん、人それぞれのタイミングがあります。

それも大切にしていきたいと思いますので

セッションの時に、ご相談しながら決めていければと

思います。

 

これは重篤な病気を抱えていたり、小さなお子さん、動物たちには

あてはまりませんので、ご了承ください。

 

 

 

色々話を聞きたい方はSkypeで無料相談(30分)もやっています。

 

 

セッションのお問合せ、お申し込みはこちらから。

ホームページのTopへ

セッションの詳細、料金等はこちらからも。

メールアドレス:osako@healing-horus.net

 

 

 

【NEWS お知らせ】

 

・オンライン個人セッション受け付けております。お問い合わせフォームからお申込みください。

 

・フラワーエッセンス療法の会で

 行っている読書会があります。

 どなたでも参加できます。

 

・LINE@始めました

 

友だち追加

Healing horus @bqb4513t

 


<Blog>

小冊子「子どもを助けるフラワーエッセス」読書会のお知らせ

続きを読む

感情の話 傷の話2

続きを読む

傷の話

続きを読む

●香川県高松市木太町「インナーガーデンティアラ」さんでのセッションを再開いたします。詳しくはお問い合わせください。をご覧ください。こちらでは、アロマセラピーやフラワーエッセンス療法と組み合わせたメニューもあります。

 


Facebook page

特別セッションのお知らせなどもTwitterと合わせて告知しています。


 

RESERVA予約システムから予約する

 

 こちらからもどうぞ。


Healing-horus(ヒーリングホルス)はいかなる宗教団体とも関係はありません。