小豆島の花たちと自分をみつめること

4月の初めに、香川県の小豆島へ行ってきました。

 

小豆島に行くのは今回で3回目(だったはず)。

高松からフェリーで60分で到着します。

 

到着するとすぐに小豆島独特のエネルギーに包まれます。

 

すぐそばの高松とも違い、私はあたたかかくゆったりとした

エネルギーを感じ、自分の呼吸もゆっくりとしてきます。

 

今回は、AFETの副会長をされている堤千恵さんの

リトリートにスタッフとして参加させてもらってきました。

 

最近、自分の生活が忙しすぎて植物や自然とのかかわりが

希薄になってきてしまっていたので、無理やり自分をそこから

ひきはがずように小豆島へ向かいました。

 

今回は、オリーブの木々やミモザの花を観察しながら

車で島中を走り回り、湧水をまわり、

お天気に恵まれたのでフラワーエッセンスも作りました。

普段の生活をしていると、日々しなければならないことが多く

そのことに追われ、こなしていくことでいっぱいになってしまいます。

 

思考も普段は変わらず、自分に対する思いや考え、

家族や生きていくことに対する考え方なども「いつもの考え方」から

変えることはとても難しい。

 

ですが、リトリートなどに参加することで

普段と違う環境に無理やり自分を投入して(笑)、普段の自分に帰れない

宿泊形式に参加すると、どうであれ「いつもと違う状況」になり

「いつもと違う自分」をみつめることができます。

 

それは「いつもと違う土地のエネルギー」に触れることが

自分のオーラやエネルギーに「影響が与えられている」ということでもあります。

 

もちろん、普段の生活パターンがくずされるので

(ご飯作ってるのに、作ってもらえるとかそれだけでも)

自分自身のために使うエネルギー量が増える分、リフレッシュしたり

新しい自分の側面を発見したりします。

 

元の生活に戻ると、またいつものパターンに戻ってしまうのですが

自分の中に取り入れられた、違う土地のエネルギーは自分に残り

思い出すことができます。

 

 

そういった意味でも、小豆島は花あり、山あり、海あり。

 

私にとってはゆるく自分を解放して、自分をみつめる助けとなる場所でした。

 

フラワーエッセンスについては、次回以降に。

 

Contact Information

 

HP: www.healing-horus.net

 

E-mail: osako@healing-horus.net


お問合せ

osako@healing-horus.net

完全予約制の個人セッションです。

メモ: * は入力必須項目です


セッション場所

東西線 神楽坂駅 徒歩5分

大江戸線 牛込神楽坂駅 徒歩7分

有楽町線 南北線 飯田橋駅 徒歩7分


 

【NEWS お知らせ】

 

・オンライン個人セッション受け付けております。お問い合わせフォームからお申込みください。

 

・フラワーエッセンス療法の会で

 行っている読書会があります。

 どなたでも参加できます。

 

・LINE@始めました

 

友だち追加

Healing horus @bqb4513t

 


<Blog>

自尊心が低いと自分を癒すの続き

Photo by Arno Smit on Unsplash
続きを読む

<4月の日程>オンライン無料相談 

続きを読む

自分を癒すってどんなことだろう

Photo by Arno Smit on Unsplash
続きを読む

●香川県高松市木太町「インナーガーデンティアラ」さんでのセッションを再開いたします。詳しくはお問い合わせください。をご覧ください。こちらでは、アロマセラピーやフラワーエッセンス療法と組み合わせたメニューもあります。

 


Facebook page

特別セッションのお知らせなどもTwitterと合わせて告知しています。


 

RESERVA予約システムから予約する

 

 こちらからもどうぞ。


Healing-horus(ヒーリングホルス)はいかなる宗教団体とも関係はありません。