コガモとの出会い

上から見たら見えづらい。敵からも見えない!
上から見たら見えづらい。敵からも見えない!

 

前回は、カンボジアに行ったことについて書きました。

 

日本でない国の空気を吸いエネルギーを感じることが

 

ヨロコビだな、というお話でした。

 

今回は「コガモ発見」について。

 

なんかスケールちっさくなってしまったかしら?

 

そうかもしれませんが、どんどん書いてみたいと思います(笑)。

 

 

駐車場を借りてるのですが、その後ろに小さなどぶ川が

あります。

 

小さいころ、よく遊んで落ちた(!)ようなどぶ川です。

 

住宅街の中をコンクリートで整備して流れているような。

 

車をとめて、何とはなしにのぞき込んでみると

 

「コガモ発見!」(名前は後で調べた)

 

発見したこともうれしかったのですが、その様子に

 

わくわくドキドキ。

 

写真を撮ろうと荷物を静かに置くと、コガモさんたちも動きをとめる。

 

携帯を出すと、さーっと川下へ泳いで行ってしまいました。

 

まって~という気持ちで連写。それが一番上の写真です。

 

やっぱりあまりよく映ってませんね💦

 

写真はともかく、、、

私にとっては「コガモに出会えた!」ってことが

 

ナニモノニモカエガタイ ヨロコビ

 

なのです。

 

本当にうれしくてうれしくて幸せになれます。

 

自然とのふれあい。

 

自然を感じて、自分以外の生き物の息吹を感じる。

 

自然そのものを感じることができる。

 

 

それは私にとってとても大切なことでもあります。

 

 

ジャングルの中や緑深い山の中にいけば

 

その自然をもっと感じることができるけれど、

 

なかなかできません。

 

 

けれど、今この瞬間にも目の前に広がっている

 

自然がみせてくれているものを発見することが

 

本当にたのしい~。

 

 

自然との触れ合いによって何かが解けてるような

 

癒されるような。

 

 

それは、フラワーエッセンスをとった時にも

 

同じように感じられるもの。

 

 

私がフラワーエッセンスを使っているのは、自然との触れ合いを

 

思い出すことにもつながっているように思います。

 

 

すると、その「思い出す自然」ってどんなものなのかしら?

 

それについて、また今度書いてみたいと思います。

 

自分にとっての自然について考えてみませんか~。

 


続きを読む


香川にくる飛行機の中で、ANA

の機内誌を読んでいたら、伊集院さんの旅のエッセイがアフリカケニアで奥様が買ってきたお土産の話だった。


その中に、アフリカの手という言葉について書かれてあった。




その言葉は、一度でもアフリカの大地に足を踏み入れ、その風に、光に、水音に、雨音に、朝陽、夕陽、満天の星々に触れた人は、アフリカの手に抱擁を受けていたのだという。そうして、その手に抱かれた人は必ずもう一度、アフリカの大地に帰ってくるのだと言う。




引用ここまで。



アフリカにいつか戻りたい。